【脱糞】羞恥の診察室 前多まこ DUGA無料サンプルエロ動画

無料サンプル動画

サイトを見る

サンプル画像

サイトを見る

紹介文

長く入院していた女性患者のマコさんが突然の腹痛を訴えたので、診察室に呼んで診察しました。触診の結果、腸内で便が硬くなっていましたが、便秘になってから2日しか経っていなかったので、浣腸ではなく肛門マッサージで自然排便を試みました。肛門鏡で肛門を開き、直腸の状態を確認しながら、綿棒で直腸内壁を洗浄し、排便を促した。味覚で便の健康状態を診断できる研修医の八神は、簡易便器に排泄された便の塊を、真子の目の前で口に入れる。驚愕の光景に目を丸くするマコ。八神は彼女にも便を噛むように促す。排泄物検査の結果を待つ間、彼はマコの性器と肛門を消毒する。綿棒で丁寧に女性器を拭くと、膣内から粘度の高い体液が次々と溢れてくる。膣の中に指を入れて、膣の状態を内部から調べていく。同時に、八神は肛門に指を挿入し、直腸の内診を行う。2つの穴の同時内診に、マコは性的な反応を抑えることができない。次々と拡張用の器具が挿入され、マコの肛門は確実に拡張されていく。肛門に挿入される看護師の指の数も増え、ついには直腸が両手で掻き回されるほど拡張されてしまう。珠子は婦人科検診台の上に足を広げて座らされ、肛門拡張治療を受け続ける。長い手袋をはめた看護師の手が、彼女の肛門を限界まで拡張する。看護師の手首が直腸に吸い込まれたところで拡張治療を終了し、腸管洗浄を行う。1,000ccのイレゲーターを微温湯で満たし、高低差による圧力を利用して直腸内に注入する。拳で膨らんだ肛門は排便の衝動を抑えられず、注入中に激しいおならを出して漏らしてしまう。これを何度も繰り返すことで、マコノの体からは大量の糞が排泄された。

サイトを見る